フコイダンは、モズクやコンブ、メカブなどの海藻類に含まれているぬめり成分のことで、食物繊維のひとつです。免疫力賦活作用や抗ガン作用があるということで、最近名前をよくきくようになりました。

しかし、フコイダンはモズク1kgに5~10gしか含まれておらず、食品から摂取するのには限界があります。そこで、フコイダンを手軽に摂取できるのがサプリメントです。

そうはいっても、フコイダンサプリは市販のものから通販品も含めて多くの種類があるため、どのサプリを選んだら良いかわからない人も多いのではないでしょうか?

今回はフコイダンサプリを信頼性の面から徹底比較!ランキング形式でご紹介します。これからフコイダンで健康的な生活を手に入れたい人は是非参考にしてくださいね。

フコイダンサプリメントを選ぶときの3つのポイント

フコイダンサプリメントを選ぶときのポイントは以下の3つです。

  1. 高分子フコイダンであるかどうか?
  2. 信頼できる研究機関で開発されているかどうか?
  3. 有効なプラスアルファ成分が配合されているかどうか?

1つずつ説明していきます。

1. 高分子フコイダンであるかどうか?

抗ガン作用をはじめとするフコイダンの効果は、高分子フコイダンであるがゆえに生み出されるものという説があらゆる臨床結果などから有力視されています。

ちなみに、「高分子では体内への吸収が阻害され、低分子にすることで体内への吸収量をあげる」というのは一般的な食品におけるもので、フコイダンについて同じことが言えるかどうかはまだ解明されていません。

代表的な5つのフコイダンサプリメントメーカーのうち、4つのメーカーが高分子フコイダンを使っていますので、高分子と低分子のどちらの説がより信用されているかは明らかです。

フコイダンサプリメントを選ぶときには、高分子フコイダンが使われているものを選びましょう。

2. 信頼できる研究機関で開発されているかどうか?

抗ガン作用を持つことなどから、深刻な病状の方も使用を検討するフコイダン。悩みが深ければ深いほど、悪いものは口にしたくないですよね。せっかく健康のためにと飲むサプリメントですから、品質や効果の信頼性はとても気になるところです。

フコイダンサプリの中には、大学や研究機関などと共同で研究をすすめ開発されているものがあります。第三者による客観的な研究がおこなわれていますので、信頼性が増しますよね。さらに、フコイダンサプリをガン患者に摂取してもらう臨床を行っているメーカーもあります。

実績や学会発表の有無などから、信頼できるメーカーがつくっているかどうか判断する、というのもフコイダンサプリを選ぶポイントの1つです。

3. 有効なプラスアルファ成分が配合されているかどうか?

フコイダンだけではなく、他にどんな成分が配合されているのかもサプリを選ぶときのポイントです。アガリクスや乳酸菌など、フコイダンの働きをさらに高める成分がプラスされているサプリメントもあります。

純粋にフコイダン100%だから良いサプリメントというわけではなく、相乗効果を発揮する成分が配合されているかどうかもチェックポイントになります。

フコイダンサプリメントおすすめランキング

上記3つのポイントから、信頼性の高いフコイダンサプリメントをランキングしてみました!

  1. フコイダンVカプセルタイプ(株式会社ヴェントゥーノ)

    高分子フコイダン 5.0
    信頼できる研究機関 5.0
    +α有効成分 5.0
    価格:
    39,000円
    容量:
    180錠(フコイダン含有量:250mg/錠)

    オキナワモズク由来、さらにメカブ由来のフコイダンに、アガリクス菌糸体エキス末をプラスした「高分子CUAフコイダン」を使用しています。これはヴェントゥーノが独自に開発したもので、3つの成分の相乗効果によって健康的な生活が実現できるという報告が多くなされているサプリメントです。

    管理人のレビュー

    高分子フコイダンが使われていること、九州大学やNPOフコイダン研究所、さらには医療機関と連携した確たる臨床報告があることが信頼性の決め手になったヴェントゥーノのフコイダンVカプセル。オキナワモズク由来(アポトーシス誘導作用)、メカブ由来(血管新生抑制作用)と、作用の異なる2種類のフコイダンが入っており、さらに抗腫瘍作用のあるアガリクス菌糸体が含まれている贅沢なサプリメントなんです。他の製品と比較すると1mgあたりの価格が安く高額サプリの中でもコスパが良いのも高評価のポイントですね。

    クリックして公式サイトへ

  2. フコイダンカプセル(宝ヘルスケア株式会社)

    高分子フコイダン 5.0
    信頼できる研究機関 4.5
    +α有効成分 5.0
    価格:
    15,000円
    容量:
    60錠(フコイダン含有量:100mg/錠)

    北海道産ガゴメ昆布から抽出したガゴメ昆布由来のフコイダン。ガゴメ昆布は北海道で生産される昆布全体のわずか数パーセントという希少な品種であり、普通の昆布の約3倍のフコイダンを含んでいます。植物由来の「有胞子性乳酸菌」を生きたまま約2億個配合しており、腸内フローラを整える働きを持ちます。

  3. フコミンカプセル71000(キムラファンクショナルフーズ株式会社)

    高分子フコイダン 5.0
    信頼できる研究機関 4.5
    +α有効成分 1.0
    価格:
    53,811円
    容量:
    180錠(フコイダン含有量:400mg/錠)

    「フコミン」は、沖縄で計画栽培された質の高い「沖縄もずく」のみを使用しており、独自の超ろ過技術を用いることで、分子量30万レベルの安定した高分子もずくフコイダンを抽出・精製しています。島根大学と共同で研究を行っており、最新のフコイダン研究を用いた製品開発がおこなわれています。

フコイダンVカプセルをおすすめする3つの理由

今回、ランキング1位のフコイダンVカプセルをおすすめするには3つの理由があります。

  1. 2種類の作用の異なるフコイダンが使用されている
  2. アガリクス菌糸体による相乗効果が見込める
  3. ガン治療の臨床報告がある

1つずつ説明していきますね。

1. 2種類の作用の異なるフコイダンが使用されている

フコイダンは由来によって作用が異なります。フコイダンVカプセルにはオキナワモズク由来のフコイダンと、メカブ由来のフコイダンの2種類が入っています。

オキナワモズク由来のフコイダンはガン細胞を自殺に導く「アポトーシス誘導作用」に優れ、ガンの増殖を抑えます。メカブ由来のフコイダンはガン細胞へと栄養を運ぶ血管を破壊する「血管新生抑制作用」に優れ、悪性腫瘍に栄養がいかないようにしてくれます。

このように同じフコイダンでも特徴が異なるのですが、フコイダンVカプセルには両方のフコイダンが入っており、抗ガン作用を高める配合がされています。

2. アガリクス菌糸体による相乗効果が見込める

アガリクスはヒメマツタケというキノコのことであり、その健康効果については多くの機関が研究をすすめています。フコイダンVカプセルにはこのアガリクスの菌糸体が配合されています。

アガリクスには抗腫瘍作用があることがわかっており、フコイダンの働きをサポートしてくれることがマウスの実験でわかりました。フコイダン単体よりも高い相乗効果が得られることが確認されたのです。

2種類のフコイダン、そしてその働きをサポートするアガリクス菌糸体の3つの成分を混合してサプリメントにしているのは、フコイダンVカプセルだけです。

3. ガン治療の臨床報告がある

フコイダンVカプセルはそれを使用した臨床報告があります。メーカーであるヴェントゥーノの研究元であるNPOフコイダン研究所には、フコイダンを使用したガン患者などへの臨床報告が多数掲載されています。

<参考>NPOフコイダン研究所-臨床報告
http://www.fucoidan-life.com/clinicalreport/

サプリメントの効果についてしっかりと検証・公表しているメーカーは非常に少ないため、信頼性が高いというのもフコイダンVカプセルをおすすめする理由です。